五海ゆうじ写真通信115

「闘いと写真」
友人に誘われてチェ・ゲバラ写真展を見に行った。
終了二日前で会場は入場制限が出るほどごった返していて、
まぁ盛況だったんですね。
ゲバラの写真展でここまで人が入るのか、
それはそれで驚きではありました。
あっと、ゲバラを撮った写真展ではなく、
ゲバラが撮った写真展です。

そして写真展です。
サイズはほとんが六つ切り以下、手札サイズもかなりあったんですね、
写真はそれこそ、遺跡の写真あり、スポーツ競技会で活躍する選手の写真あり、
自分の娘の写真あり、日本の工場の写真あり、とまぁ、種々雑多でありました。
プリントも褒められるものではなく、当然カビが生えているものもあり、
ブレボケの写真もありという状況での写真展であります。
そこには闘う人たちの写真とか、
困難に立ち向かう人民の姿とかは写されていない、
つまりプロパガンダとしての写真はなかった。
彼の友達は写されていましたよ、
そこに写されていたのは、
彼の歩いた道、その途上で彼が見た風景、なんですね、
それがです、とてもよい。
一枚の写真があります、船から見た波が写されている。
これが革命家、熾烈な革命闘争の中で死んでいった革命家の視点か、
この写真展を見に来た人の中には、失望された方もいたかもしれない、
闘いを匂わせる写真も少しはある。
「マルベルデ塹壕内にある革命戦士シロ・レドンドの墓」とタイトルが付いている写真、
タイトルがなければ何を捉えたかよく分からない、おそらく墓とも分からない写真だ。
展示されている写真からは、闘いとか革命とかの感じを受ける事はない、

しかし、この写真展を見て私は感動した。
手札サイズに焼かれた一つの風景、
それを撮った一人の革命家と言われてきた一人の人間、
その写真の奥から、撮った人の想いが見えてくる。
それは、彼の闘いを支えた優しさだ。
それが私を感動させる。

イタリアBARI旧市街2景(2017/6撮影)
花のある家
_048_DSC3046bari.jpg

地中海の見える結婚式場
_037_DSC3035bari.jpg

2017/9/18
スポンサーサイト

五海ゆうじ写真通信114

「歌と詞」
カラオケというのがあります、ハイ、
もう、それが苦手でほとんどです、誘われても行かない、
しかし、しかしです、
時たまこうなんですかね行く事がですね、あるんです。
これまたしかしでありますが、
今の日本の歌というものをほとんど知らないのです。
そんな数少ない歌の中で、
この音痴な私が恥を忍んで歌う曲がいくつかはあるのです。
その一曲がですよ小林旭の「あれから」なんです。
この曲、いつかラジオから流れているのを聞いてです、
こう歌詞にえらく感動した。
その時はタイトルも分からなく、
演歌が好きな友人にうろ覚えの歌詞を伝え、
尋ねて知った。
そして阿久悠が作詞だということも、

先日BSTVだったと思うが、
阿久悠の特番を4時間番組でやっていて、
途中から見始め、とうとう最後まで見てしまった。
それにしても阿久悠の詞は心に響く、
それはある程度同じ世代といことなのか、
それとも人の営みの、核の部分(抒情)を上手く捉えたのか、
まぁ、それはどうとでもいえる、
とにかくいいのだ。

ここまで書いて、中学か高校の頃、
一人口ずさんでいた歌を思い出した。
石原裕次郎のドーナツ盤のB面の曲だった。
「露子に会いたい」(タイトルは確かではないが)
これも不確かでありますが、こんな歌詞だったように思う

誰が付けたか、あんな良い名をもちながら、
いつも露子の睫毛が濡れた
親を知らない孤児なれど
石で追われて姿を消した

沖縄伊是名島
_DSC1899_00006_00001.jpg

_DSC1931_00011_00001.jpg

2017/8/16

五海ゆうじ写真通信113

「映画とアメリカ」
どれだけのアメリカ映画を見てきたか、
おそらく最初の映画として残っている記憶は、
ディズニーの「ダンボ」かもしれない。
楽しい映画というよりは、
ダンボの笑顔とやけに悲しかった印象が残っている。
まぁですね、それからドンパチドンパチ追っかけっこ、等々
色々あった。
しかしですよ心に残る映画も当然ですがあった。
高校の時、映画研究部を創部して映画を見まくっていた。
あれから幾年、どれだけの映画を見てきたか、
まぁ、この年ですからね、数限りない。

でです、先日私の住んでいるところにある小さな映画館で、
「MOONLIGHT」を見た。
観客はですね、私達の他に一人。
この映画アカデミー賞作品賞を獲っているんですよ、
見終わった後、観客が少ない、それもしょうないか、と
しかしです、こうなにかアメリカ映画、やったな。。とも
なによりも、この映画にアカデミー作品賞を与えた
アメリカ映画界の良心のようなものにも感動したのです。
これは私感ではありますが、
役者を捉えるカメラワークがですね素晴らしいんです。
監督は役者にいったいどんな指示を出していたのか、
そんな事も考えさせてくれる映画でありました。

日本のアカデミー賞「世界の片隅に」といい、
愚かな政治家達によって、今つくられつつある世界で、
なにか信じられるものを少し見つけたような気にもさせる映画でした。

写真は沖縄伊是名島2景
_DSC1782_00001.jpg

_DSC1801_00002_00001.jpg

2017/8/1




五海ゆうじ写真通信112

「花と撮影」
前回に続きフォトアドバイスでしている私の作業についてです。
右も左も分からず始めたWEB上での実践講座、それに連動するSNS、
とにかくにも始めねばと私の花講座から始めたんですね、
まぁ、切込み隊長、討ち死にもありかと。。。。
この講座、第一回目は何故か秋だったんですが、
花ですから春にもやらねばと春の定期開催ということにした。
それがです今年開催前段階で受講された方が1000人を越えていた。
当然、その中からは唸るような(良い意味でです)写真を撮る人達もでてきたんですね、
その写真達をなんとかせねば、一生懸命、必死にです考えた訳です。
そして今年花展示コースを新しく開講した。
つまり写真展を目標に写真を鍛えていくということです。
猶予は3か月、
人数制限あり(9人)技術的な知識必要あり、といことで人が集まった。
WEB上での講義ですから写真の添削が主になります、
実に添削件数は1300を越えたんですね、
その合間に実際に教室で講評、植物園での撮影実践、
つまりスクーリングです、をやりながらです。
そして、各自が3枚の写真を完成させた。
その写真展を7月14日から東京原宿のギャラリーで開催します。

写真が好きで写真を始めた方たちが、
今回花と向き合い、
写真を発表することの厳しさを身にしみて感じ、
そんな中で何を発見し、どんな写真を撮ったのか、
ぜひ見ていただきたいと思います
何故写真を撮るのか、
その一つの解答が展示された写真の中にあるはずです。
写真展の詳細
写真展

写真は沖縄伊是名島2景
_DSC1742.jpg

_DSC1766.jpg

2017/7/3

五海ゆうじ写真通信111

「WEBと写真集」
フォトアドバイスは従業員一人の零細企業である。
しかしです、やっている事はですよ、なかなかのもんです。
WEBを主体にして写真の教育ビジネスをやっているのです。
SNSと連動して講座を構築しているんですね。
写真のですよ、
これは日本で初めての試みでありまして、
いまだ発展途上の段階で未知なる可能性を秘めて進行中であります。
そこで私は講師をやっておりまして、
WEB上での講座、実践講座というんですが、
私のだけでもすでに5本の講座を開設しているのです。
そして今、来年開講する「旅・街角・スナップ写真」(仮題)を制作中で、
まぁ少々悪戦苦闘をしているところではあります。
まぁ、その他にも花を撮るだの音楽家を撮るだののワークショップと、
「写真を考える」シリーズのセミナーとか、いろいろやっておるのです。
これは、私がやってることで、他にも講師がおりまして、
その講師たちもそれぞれが様々な事をやっているんですね。
ただその展開はWEB上が主なんです。

そこでです、フォトアドバイスは一大決心をしまして、
アナログをやろうと、つまり写真集の出版です、をやりはじめたんですね。
やっぱ写真は写真集だよ、
そういうことで第一弾として私の花の写真集を出版した。
そしてこの後、講師と受講生の良質な写真集を出版していく。
こう、決意のようなものでありますが。
どうなることやら、といのもありますです。

花の写真集「FLOWERS OF ROMANCE」一般販売を開始しました。
flowers of romance
アマゾンでも販売開始です
flowers of romance

写真は沖縄伊是名島2景
伊是名1

伊是名4

2017/5/2



プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR