五海ゆうじ写真通信20

「フランス菓子と弓田さん」

花花花花花、そんな季節が今年もやってまいりましたが
皆様お元気でしょうか、

ところで私けっこうケーキなども好きでありまして、
仕事をかねてではありますが、
あちらこちらと撮影して食べて歩くというような、
何と言おうか、人からうらまれるようなこともしております。
なんでケーキを、といえばもうずいぶんと前になりますが
イル・プルー・シュルー・ラ・セーヌ、弓田さんが作った
フランス菓子を撮ったことからなんですね。
その時の経緯はホームページにも書いていますので、そちらを。
http://www.ab.auone-net.jp/~itsumi/work/ad/ilupulu_big.html
仕事が始まり弓田さんのフランス菓子を前にした時、
「うーーん、これは、ちょっと、どころではない、たまらんなあー。」
まぁ、そんなことを思い、
しばらくシャッターを切りもせずただただ眺めていた。
その姿が美しいんですね、どうライティングしてどう撮ろうか、
その事を考えるのが楽しくてしょうがない、
一つのフランス菓子を撮るのに4時間かけたこともありました。
そしてそんな作業が一年続いた。
それは弓田さんが作ったフランス菓子との
格闘の一年でもありました。
「ななに、イツミがフランス菓子を撮っている?
そんなバカな、えっ、ほんと、なんでイツミが弓田さんの
フランス菓子を撮る事ができるの、」
まぁ、そんな事も言われていたようですが、
それからですね、ケーキ(菓子)に興味を持ち始めたのは、
その後、全国、海外は。。。。少し、ですが菓子屋さん巡り等の
仕事をしてきています。
ほんといろいろな味があり、撮っても食べてもつきることがない、
しかしですね、
今でも私の味の基本というのは
弓田さんが作ったフランス菓子なんです。
これはもう揺るがない、といおうか確信のようなものです。

そんなこんながありまして、
今でも街で見つけたお菓子をアトリエに持ち帰り
撮影したりしています。

桜餅1
桜餅 041


桜餅2
桜餅 037

柏餅
柏餅 040

音楽
Artur Rubinstein「The Nocturnes 1.2」
クラシックを齧り始めた頃、
とりあえずはショパンでも聴いてみんことにはと、
訳もわからず購入した露天で売っていた1000円CD、
これを買う時横にいた外人の女性が親指を立て
ニッコリしたのが、付録の思い出として残っています。
今聴いてもこれはなかなかのショパンですね。

(2011/4/17)
スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR