五海ゆうじ写真通信54

「地方とアマチュアカメラマン」

山陰に境港という港町があります。
最近は港というよりは鬼太郎の町として有名ではありますが。
母の実家があるということもあり、
子供の頃よく行き遊んでいました。
叔父がかなり手広く商売をしていて
店もかなり大きなものを、ドカーンとですね、
持っていました。
そこに、私の兄貴が手伝う形で勤めていたんですね。
その叔父の店の隣に小さな写真館があり、
兄貴が結婚した時にはその写真館で記念写真を撮ったりしていた。
その写真館の名前は植田写真館。
そうです植田正治がやっていた写真館だったんです。

まぁ、このように地方ではコツコツ写真を撮り続けている人がいる。
北海道の東川町には役所の職員をしながら
自分の町を撮り続けていた人がいる。
飛弾野数衛門
その他にも
津軽には小島一郎。
沖縄には山田實。等
そして今でもカメラ雑誌等には取り上げられる事のない人達が
写真を撮り続けているんですね。

9月7日の「崔洋一写真を語る」のセミナーでは
そのあたりの事、記録と表現の狭間等も取り上げて
話してみようと考えています。
第一回の打ち合わせの模様(予告篇です)をアップしました。
http://photo-advice.jp/saiyouichi.html

写真は「夢の足跡」最近
東京都日野市中央高速道路高架下
東京都日野市中央高速道路高架下

花写真
アリセマ トリピルム ポリモルプム
アリセマ


2013/7/31
スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR