五海ゆうじ写真通信78

「即興と現代音楽」

現代音楽はどっちかというと、苦手だった。
聴くようになったのは何時の頃からだったろうか、
とまぁ、考えてみたんですね。
そうですね、
やはり日本の即興音楽家の人達と
話してきたことが大きかったかもしれない。
灰野敬二とかともクセナキスについて話ていたりはしていた。
だけど、やはり現代音楽に興味を湧かさせたのは
今井和雄だろうな、と思う。
ま、というわけでもないですが、少し前7月だったかな。。
久しぶりにゆっくり話そうではないかという事になり、
あ、今井さんとです。
私のアトリエでワインとチーズとパンでお昼頃から話始めたんですね。
結局8時ごろまで話していた。
その間、何本かのワインは尽きたんですが話はなかなか尽きない、
二人とも、かなり酔っ払い、
もうこのあたりにしよう、で終わったんですね。
話は、まぁ、酔っ払いながらですが、あいつはどうだこうだから、
現代音楽の話になり武満徹の話になった。
そしたらですね、それではと、今井さんがCDを送るからと、
なんと、なんと、39枚送ってきてくれた。
というわけで、ここのところ少しづつですが、
武満徹の音楽の発見への旅をしているところであります。

突然ですがデレク・ベィリーの話です。
10月25日18:00 吉祥寺Sound Cafe dzumi
「デレク・ベィリーを聴く会」にですね、
ゲスト出演してデレクついて少しですが喋ります。
料金は¥1,500 要予約ということです。
そもそも、何故こんな事をしているかというとですね、
工作舎からデレクの本がでたんですね、
その告知といおうか、宣伝といおうか、
まぁ世の人々にデレクの音を少しでも知ってもらおうと、
始まったんではないかと、
そして今回、8回目ですが私にお鉢が廻ってきた。
確か初めのほうの会で今井さんがゲスト出演をしていたはずです。
25日、1978年デレク初来日の時の写真を何点か持っていきますよ、

Derek Bailey 1993/8/31 Pit in
Derek Bailey guitar3

2014/10/11





スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR