五海ゆうじ写真通信82

「自由の意思とG-Modern」

明大前のモダーンミュージックの話です。
その店を主宰する生悦住さんが中心になって
PSFレーベル、そして音楽雑誌「G-Modern」が
立ち上がってきたんですね。
私は「G-Modern」の中で、
どっちかというと世間の人があまり知らない、
といおうかほとんど聞く事もない、
いわゆる即興、アンダーグランド、フリーをやっている音楽家を
つまり困難な作業を続けている音楽家を
取り上げ、写真を撮り、取材をしていったんですね。
この作業は、その当時吉沢さんのパートナーだった
メグと一緒に始めた作業でもあるんです。
タイトルは「自由の意思」と決めた
ちょっと大げさなタイトルかも知れない、
そうも思っているところがあったんですが、
まぁ、なんといいましょうか、私の願いのようなものもあったんで、
そのタイトルでスタートした。

しかしですね、この音楽の世界、あまり金にはならない。
それは間章との作業、吉沢さんを撮り続ける作業でも
実証済みではありまして、
私としては解って始めた作業でもありました。
その当時は曲りなりにも広告の仕事がわりとといおうか
少しではありますが順調にいっていた。
ということもありますが。。。。
そしてですね、この「自由の意思」のライターはですね、
メグから始まり何人かを経て結局最後は私が書く事になった。
ただ、これが作業としておもしろかったんですね。
そして、いろいろな経験をさせてもらった。

どんな経験だよ、エー、まったくよー
はい、それはですね、できればまたの機会にでも。。。

「G-Modern」は2010年29号を出し、止まっている。

アレンジ 山崎竜
_090memi753.jpg

「人の中へ」徳島県牟岐駅
徳島県牟岐駅sikoku 127

2015/1/21
スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR