五海ゆうじ写真通信84

「プリントとシンガポール」

プリント、つまりモノクロプリントの事です。
先日、友人(崔洋一)から電話があった。
「今、近代美術館で奈良原の‘王国’をやっているがプリントが素晴らしい
渾身のプリントだよ、日にちがもうないけど」
そう言われればですよ、なんとしてでも観に行かなければ、
最終日になんとか時間をやりくりし駆けつけた。

奈良原一高は、そうですね、今の若い人はよく知らないかもしれない。
1967年「ヨーロッパ静止した時間」という、写真集を出した。
この写真集、当時相当な話題になり、
奈良原の評価を決定ずけた写真集でもあるんですね。
学生時代、この写真集についてよく話していた。
といおうか喧嘩腰で議論していた。
私は、どうもこの写真集から漂ってくる、純文学風が気に入らなく、
どっちかというと反奈良原で話をしていた。
しかしです、いつでもです、
私の頭の片隅には奈良原の写真があったように思うんですね。
「ヨーロッパ静止した時間」から遡る事10年、
彼は、女子刑務所、トラピスト修道院に入り込み写真を撮っていた。
そして「王国」として発表した。
「王国」は奈良原の「人間の土地」に続くデビュー2作目で
新人として世に名を知らしめた作品でもあるんですね。
それが今回の写真展「王国」なんです。
見たかった写真です。
彼の視線、そしてモノクロプリントの技術、
久しぶりにいい写真を見た。
それが正直な感想です。

それで、シンガポールはなんだよ
はい、それはですね、まったくそれとは関係ありませんでして、
先日「花を撮る」のワークショップで
シンガポールの植物園に行ったということでして。。。
でです、またまた話はとびますが、
最近の街歩きカメラはSONY NEX5というカメラでして、
このカメラ、レンズと板という発想で生まれたカメラなんで、
なんかその不細工といってもいい姿がおもしろく使っているんですね。
シンガポールの写真はそれで撮っていますです。

シンガポール2景
_018singapore2.jpg

_003singapore2.jpg

2015/3/5
スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR