五海ゆうじ写真通信85

「演歌とジャズ」

まぁ、一概に演歌とジャズと言いましても、
けっこう幅が広く暗澹模糊といいましょうか、
よぉ解らんといいましょうか、そんな感じではありますが、
しかしですね、演歌とジャズは、ブルースとジャズのように、
こう何かどうしようもない
繋がりがあるんではないかと私は思っとるのですよ。
友人の音楽家の中には
「阿部薫なんてのはド演歌そのものだよな、、、、」
と言って憚らない者もおりますです。
そう言われるとですね、
私も、なるほどななぁ、と妙に納得するところもありまして。。。
それでです、3月23日横浜のBitches Brewで、
三上寛と坂田明のデュオがあったんですね。
三上寛は一般的には
フォーク歌手と思われているんではないかと思いますが、
私は演歌歌手だろうな、と思っておるんです。
それと坂田明、
彼は日本のフリージャズ最盛期に
山下洋輔トリオでガンガン吹いていた。
その後、アイヌ音楽、モンゴル音楽に傾倒しつつ、
独自の音楽を開拓してきているんですね。
その二人が出会い、今どんな音楽を展開するのか、
私としては非常に興味があった。
その夜の演奏はですね、
70年前後の空気が漂いながらも、
今の二人にしかできない、音があったんですね。
それは、伊達に年をとってんじゃねぇよ、
まぁ、そういう事で、ある意味年輪を感じさせる音空間でもあった。
最後に歌った曲「三上寛の夢は夜開く」は、
圧巻といってもよいのではないかと、
そんな事を感じた一夜でありました。

それとですね、このライブに行くのには、
私にとってもう一つ大切な目的があったんですね。
それは、この店のオーナー杉田誠一さんに会う事だった。

写真は最近の花2景
ボケ
ボケ1
アカシア ブアマニ
アカシア ブアマニAcacia boormani

2015/4/3
スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR