五海ゆうじ写真通信83

ブロニカとGR

昔々ですがブロニカ(通称ボロニカ)という6×6のカメラがありました。
国産ですよ、
6×6サイズのカメラではもう一台同じ国産でマミヤの2眼レフがあった。
この2台は、ハッセルを買えない貧しいカメラマンの
それはそれで大切な道具になっていたんですね。
まぁ、私もその一人でありましたです、ハイ。
フリーになったとき、つまり失業者になった。ということでもありましたが、
友人から譲り受けたブロニカで細々と、しかしですね、
それはそれで食うために懸命に写真の仕事をしていた。
そして少ない仕事の合間にブロニカを持ち街を歩き、
ひたすら写真を撮り、撮った写真を事務所に持ち帰り、
この当時仲間と小さいですが、渋谷の片隅に事務所を持っていたんです、
なんてたって渋谷ですよ。。。
暗室で作業するのが、この上なく楽しい事だった。
そして、やがてブロニカは中古で買ったローライに変わっていくんですね、
エッヘンではありますが。。。
うーん、やっぱプラナーのレンズはいいなー、
なんて事も思いつつ写真を撮っていた。
しかしです、悲しいといいましょうか、
なけなしのこの2台のカメラは故障して動かなくなってしまった。
そういう事もありつつ、中判のカメラはRZに変わっていくのでありますが、
そして35mmのカメラです。
私は学生の頃から今でもですが、
ニコンの殿様商売に何度も「コンチクショー」と思いつつも
ニコンを使っているんですね。(最近は少しはよくなったか。。)
まぁ、ニコンは置いておいてです。
何時の頃だったかな。。。
リコーがGRというコンパクトなカメラを出した。
6×6のカメラが無くなってからの(この間ははしょりますですハイ)
街歩きカメラはこのGRになっていったんですね。

そして、なんといいましょうか、結局は、
私はハッセルもライカも持つ事もなく、
デジタルカメラの世界に入っていくんですね。

写真はブロニカの一枚とGRの一枚
「時と街の片隅で」
1976年
[06]1986_itsumi yuji

1997
[10]1997東京有楽町

2015/2/12










スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR