五海ゆうじ写真通信90

「寿町と反町」

横浜寿町といえば、名だたるドヤ街の一つでありまして、
普通の日でも、狭い地域でありますが歩くと
こう一種独特の雰囲気があるところです。
迂闊に、いい加減にといいましょうか、
決してシャッターを切ってはならない地域でもあるんですね。
そこのハローワーク前広場で毎年フリーコンサートが開催されている。
私個人としてはですよ
「なんでー」そんな感情をずーと持ってはいたんですね。
しかしです、
1979年から始まって今年で実にですよ、37回目となるんですね。
いろいろな問題を孕みつつもですよ、
これはもう主催者に敬意をはらうしかない。
それでです、今年は「渋さ知らズ」が出演するし、
「渚ようこ」も出演するというんで
行ってみようかと出かけたんですね。
会場への道は、
やはりといいましょうかちょっと違う空気が流れている。
しかし会場は若い人、年寄もいましたよ、で熱気に溢れていた。
ただですね、このあたりを根城にしている人はそんなにいない、
それはそれで手作りのコンサートらしく、
なにかいろいろと記憶が蘇ったこともあり、楽しい一時でありました。
でです、何が記憶の中から蘇ってきたかというとですね、
横浜の反町で過ごした2年間です。
反町といえば寿ほどではないにしても、
元青線と言われていた地帯でですね、
雨の降る真夜中、呑み屋から素っ裸にされた客が放り出される、
というような所でもあります。
そんな所にあるタコ部屋のような家に寝泊まりしながら、
必死に這い上がるための金を貯めていた。
つまり学校にいくための金です。
このタコ部屋、人生の吹き溜まり、
なんせ音楽を聴くために買ったトランジスタラジオが買って一週間後には
2,3軒先の質屋のショウウインドに並んでいた。
なんて事もあったりして、共産党のオルグ員、とか
様々な連中が出入りしていたんですね。
人と人の混沌と喧騒の中での生活、それはそれで、
今から思えばですがほんと面白い所だったんではないかと、
ここで過ごした2年間が私の大学であったかもしれない。
まぁ、そんな事を思いだしたりと。。。
そして、そんな生活の中で唯一の楽しみは、
野毛にある「ちぐさ」へ行ってジャズを聞く事だった。

話は戻りますが、寿フリーコンサートで一人の人と出合った。
杉田誠一さん、元「JAZZ」誌編集長をしていた人だ。

写真は「夢の足跡」2景
名古屋市中村区開店前の商店
名古屋中村区開店前の商店

福岡空港待合室
福岡空港

2015/8/16
スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR