五海ゆうじ写真通信91

「東京人とニッチ東京」

この名前、写真に詳しい人私と同年代で写真をやっている人は解る。
高梨豊のデビュー作(おそらく1960年代前半)と最近の写真集(2015)であります。
思えばです、まだ学生の頃、まぁ写真のほんの入り口に立った時です。
古本屋で「東京人」が特集されたカメラ毎日を見つけ喜びいさんで買った。
しかしですね、これがまったく理解できなかった。
なんでこれがよいの、おもしろいの。。。
そんな事を思いつつ写真を撮り始めていた。
しかしですね、こうある日突然といってもよいんですが、
高梨の「東京人」の写真が理解できたといおうか、
面白さが解ったんですね。
それは写真の面白さが見えてきたということでもありまして、
なにか驚きとともに嬉しさに浸った一瞬でもありました。
ところがです、
それと同時にその写真に惑わされるといおうか騙されるといおうか、
まぁ、つまり感化されたともいえるんですが、
その写真が私の写真から離れなくなった。
まぁ、単純に私が技術的に思考的に未熟であった、ということでもあるんですね。
そういう過程がありまして、
そうですね、プロダクションでの2年間の暗室と、
友達から譲り受けたブロニカ(6×6)で街を撮り続けることで、
なんとか、そこから抜け出せ、
自分の方法論を少しづつですが見つけていく事ができた。
まぁ、この頃には「プロボーグ」という
とんでもない、やっかいな問題も抱え始めていたんですが、
「プロボーグ」ってなんじゃい、
はい、それは今でも大切に持っている雑誌でありまして、
話せばまた長くなるんで、次に機会にでも。。。
それでです、「ニッチ東京」であります。
高梨豊の最新作です。
高梨豊の写真をみると、
ほんと写真の面白さが伝わってくる。
写真の細部までみる面白さ、風景の中に秘められた面白さ、
そして人の営みの面白さ。。。
これはもうたまらんですよ。

「東京人」が特集されたカメラ毎日、
渋谷の事務所に置いてあったが、気が付けば無くなっていた。
まぁ、あの頃事務所にはいろんな人がわりとフリーに出入りしていたからな。。

「夢の足跡」2景
島根県日御碕のウミネコの島
島根県日御碕うみねこの島

長野県奥志賀廃業したスキー場のゲレンデ
奥志賀 廃業したスキー場

2015/9/16



スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR