五海ゆうじ写真通信92

「写真と無名」

高校を卒業して2年のブランクの後に写真学校に入る事は入った。
ところがです、当然といえば当然なんですが
写真学校に入るとカメラがいるんですね、
その事を私は知らなかった、
当然カメラは学校で用意してくれるものだと思っていた。
周りの学生達は全員がカメラを持っているんですね、
私は慌てて丸井へいってなんとか月賦で
ミノルタSR7(機種名はちょっとうろ憶え)を購入した。
まぁ、このカメラもすぐに質屋いきとなるんですが、
そんなこんなで私の写真生活はとにかくにも始まった。
そんな貧乏学生にですよ、先生が授業でいうには、
「写真をしていくのには家の財産を食い潰す覚悟をしてやれ」
とかなんとか言う、
そんな事を聞きながら、こう暗澹たる気持ちとウルセーコノヤロウ、
を同居させながら、学校に通っていた。
「何かを成すには、三つの要素がいる。
若い事、無名であること、そして貧しい事」
なんてたって毛沢東の言葉ですよ。
おー俺そのものじゃねーか。
いい事いうね。。。

えーと、毛沢東とは関係ないんですが、
アマチュア写真家の事をいおうと思っていた。
アマチュア写真家といえばですね、
一部の人を除いてほとんど無名なんですね、。。。。。。
そんな中で写真を撮り続けている人達が全国にいる。
その人たちの写真について
映画監督崔洋一さんと対談します。
どこまで話が切り込んでいけるか、
まったくもって解りませんが。
この対談3回に渡って開催します。
第2回は「shooting from okinawa」
第3回は、まだ内緒であります。
詳細申し込みはこちら
http://photo-advice.jp/ws_magic_2015q4.html

写真は薬膳料理(和快)2景
里芋料理
009薬膳

018薬膳

2015/10/8

スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR