五海ゆうじ写真通信94

「近くと遠く」

ここのところ仕事柄よく地方へ行く。
地方といっても小さな街ではなく大阪とか福岡でありますが。
それぞれの街が均一化されて来ているといっても、
よく見て歩けば、それはそれでその街の匂いが残っているところが、
まだたくさんあるんですね。
まぁ、それはそれとして、近くのことです。
今度フォトアドバイスで「身近な風景」という実践講座をやります。
実践講座といっても、
なんのこっちゃ、と思われる方がほとんどではないかと思いますが、
それに興味ある方はフォトアドバイスのページを覗いてみてください、
おっとととと、それは置いておいてです、
ここのところ崔監督との対談の事もあり、
アマチュア写真家の事をいろいろと調べていたんですね、
全国には、ほんと様々なアマチュア写真家がいる。
そして素晴らしい写真を撮っている人達がいる。
その人達のかなりの人達が
自分の身の回りの風景を撮る事から始めている、
というよりは身近な風景を撮っている。
そして、そんな風景を長年コツコツと撮る事で
記録の集積として私達の目の前に現れてくる。
そんな写真がですね、ほんとおもしろく、こう、私達を感動さすんですね。
例えば沖縄の山田實、
写真店を経営しながら戦後沖縄の日常を淡々と撮り続けた。
例えば佐渡島の近藤福雄、
戦前、自分の土地を切り売りしながら銀塩写真で佐渡島の日常を撮り続けた。
例えば鎌倉の竹腰眞一、
酒屋をやりながら1955年前後の自分の身の回りと自分が住む鎌倉の風景を撮り続けた。

そんな事もあり、
とにかくにも、とりあえず自分の身の回りをもう一度見てみよう、
そこにはきっとおもしろい被写体になるものがあるはずだから、
そんな実践講座をですね、作ってみたんですね。
この作業がです、けっこう面白かった。

写真は身近な風景
「出雲産張り子の虎」
張り子の虎

「ワンコウの首輪」
ワン公

2015/12/9








スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR