五海ゆうじ写真通信104

「SchurichtとHelen Merrill」
かってはですね、こう世に恨みつらつら街をただただひたすら歩き
写真を撮っていた時期、つまり若かりし頃でありますが、
クラシックのましてやオーケストラ、交響曲です、
なんていうのは聞く気もしなく、といおうか音楽ではない、
とまで思っていたんですね。
それがです、まぁいい加減といおうかなんていうか、
よく聞くようになった。
私のクラシック師匠二人なんですが、ほんといい耳を持っていて
いろいろな曲を紹介してくれるんですね。
その中で一人の指揮者を教えてもらった。
Carl Schuricht
始めはブルックナーの9番だったんですね。
それがよくてもう一人の師匠に話したら、
彼のベートーベンとモーツァルトもよいからとCDを貸してくれた。
でです、ここのところモーツァルトの交響曲を繰り返し聴いておるのですよ。
オーケストラってのはこうなんだと思いつつです。

でHelenMerriluはどうよ。。
それはです。。。
若かりし頃はですよ、ジャズだけが音楽だと、
まぁかように力強い偏見で聴いていた。
ジャズといってもいろいろありまして
ヘレン メリルなんていうのはジャズの風上にも置けない、
とこれまた力強い偏見を持っておったんですね、
それがまたまたであります。
何年か前、
友人の軽井沢の別荘でお互いかなりへべれけに酔っ払い話した後、
その友人が最近手に入れたからとヘレン メリルのレコードをかけてくれた。
それがですね、またよくて
「おー、いいじゃないか。。。」といったら
友人曰く
「いいだろう、お前は昔なんていっていた、ほんとお前はいい加減だよなぁ。。」
まぁしかしいいものはいいんで、
こんな形でヘレンメリルがこころに入ってくるとはです。
そう、こんな形で入ってくる音楽なんだと気が付いた訳であります。

写真は裏横浜2景
900.jpg

08.jpg

2016/9/4
スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR