スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五海ゆうじ写真通信105

「家と痕跡」
今年(2016)兄の一周忌で境港へ行った。
私は出雲生まれで兄は3人いまして、その長男です。
何故に長男は境港に住んでいたか。。。
まぁ、そこに我が家の歴史の一端があるんですね、
母は、私を生むとすぐ死んでしまった。
そして母の故郷が境港だった。
母の父つまり私のおじいさんはですね、
おそらく1920年前後だったのではないかと推測するんですが、
これもおそらく出雲の方から自分の夢を実現するために
山陰ではもっとも大きな港境港へ向かった。
聞くところによるとその夢はですね、
何の目的かは図り知れませんが、東南アジアに行く事だった。
しかしです、これもままあることで、
境港で好きな女性ができ家庭を持つ事になった。
それでです私の母が次女として生まれた。
長男(私の叔父)は事業を起こし成功し、
境港で商工会議所の会長まで勤めるようになったんですね、
まぁ、そういう事もあり、
我が家の事情もあり、兄は叔父の会社に勤めるようになり、
家庭を持ち、そして骨を境港に埋めた。
で私ですが、まぁ、これもいろいろと事情があり、
境港の叔父の家によく遊びに行っていた、
というよりは行かされていたかも知れない。。。。

というわけで境港です。
今回それこそ何十年ぶりになる境港の街を歩いてみたんですね。
かって歩いていた駅からのメインストリートは、
ゲゲゲの鬼太郎一色になっている。
その通り歩きながら、これも町興しか。。。
なんて事を思いながら鬼太郎饅頭を食べつつ、
かってよく行っていた叔父の店件住居に向かった。
ゲゲゲの鬼太郎通りを進んで行くと植田正治写真館があり、
(これは改装され綺麗な記念館になっていた)
そこを右へ曲がって5軒先あたりにその家はあるはずだった。

あった。。。まだあった。
廃屋になりがらも、その家はあった。

写真は叔父の家2景
_035境港
5軒先あたりの白い看板が植田正治記念館
兄はそこにかってあった植田写真館で結婚式の写真を撮った

_033境港
住居用の入口



スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。