五海ゆうじ写真通信109

「写真展と写真集」
沖縄那覇にある平敷兼七ギャラリーに行ってきた。
思ったいたより広いスペースに、
紙焼きしたモノクロ写真がこれもかなりの数展示されている。
一点、一点、見ていく。
写真から、彼が何を見て、撮ろうとしていたのかが伝わってくる。
これは簡単なようで、そう簡単にはいかない。
かって大辻清司が、牛腸茂雄と出合った時に言った言葉がある。
牛腸茂雄の写真について、
「目的意識が非常に明確で、
何に感心を寄せているのかを、常にはっきりと伝えていた」
(牛腸茂雄写真集、幼年の時間、より)
そうなのだ、それは簡単なことではない。
つまり写真家の眼を、ご得しているかどうかのことなのだ。
平敷兼七本人によって紙焼きされた印画紙だからこそ、
それゆえに、より伝わってくるかもしれない。
決して大袈裟ではなく、
たんたんとした眼差しの中に含まれている、強靭な意思、
それが私を感動させる。
写真展はごく限られた空間でしか見れないものだが、
そこに醸し出される写真家の熱意は間違いなく伝わってくる。
それが写真展なのだ。

それで写真集はどうなのよ、
はい、それはです、大辻さんの言葉にあるように、
被写体の何に感心を寄せているか、
つまり撮るものが明確、
それは自分の視点を持つ、ということでもあるのですが、
それがあればです、媒体が何であっても
伝わるものは伝わるということであるまいかと、
まぁ、そのように考えているのであります。
そして写真集はそこに位置するのではないかと、

今回の平敷ギャラリーに行って
写真の力というものを改めて考えた、考えさせられた。

そしてです、私が講師をしている、フォトアドバイスでですよ、
無謀といおうか、冒険といおうか、挑戦といおうか、
写真集の出版プロジェクトを立ち上げたんですね、
http://photo-advice.jp/photo-project.html

写真は沖縄伊是名島2景  2017/2/17
_DSC1621_00001.jpg

_DSC1647_00002.jpg

2017/3/1

スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR