五海ゆうじ写真通信46

大島渚と大工哲弘

高校時代、映画研究部を作り
町にある映画館を渡り歩き映画を見まくっていた。
学校で優秀な映画の紹介をし前売り券を売るという条件で、
3館ある映画館はすべて只、
そんな映画三昧の日々の中で一冊の本に出合ったんですね、
大島渚「戦後映画の破壊と創造」
これはおもしろかった。
この後の私の人生を決めた一つと言ってもよい出会いだった。
まぁ、その後いろいろあって中略でありますが、
あれは何の時だったか、
宴会の場で大島渚に出合った。
若ちゃん(若松孝二)がいて崔もいたから
「愛のコリーダ」のなにかだったかもしれない、
崔にかなり強引に大島さんを紹介してくれと頼み、
話をすることができた。
あの本にいかに感激したか、
そんな事を一生懸命喋った。
大島さんは静かに聞いてくれ、
私の手を握り「嬉しい、ありがとう。」と言って、
そして私を励ましてくれた。
2013年1月訃報が届いた。
若ちゃんに続く訃報だった。

崔が韓国の大学に留学をしていたとき、
ソウルの彼の部屋で大工哲弘を聴いた。
その中の一曲に「沖縄を返せ」があった。
沖縄返還の騒ぎ中でよく歌われていた。
大工哲弘がその歌を歌うとき、その歌はアメリカから、
私達ヤマトンチューへと向けられる。
そしてそれは未だ現在進行形なのだ。

最近の大工哲弘、凄みがましてきた。
http://vimeo.com/47285466

写真は肖像写真、焼津まで撮りにいきました。
ご夫婦です。
aosima1.jpg

aosima2.jpg

肖像写真のページ
http://www.ab.auone-net.jp/~itsumi/sell/syouzou_big.html

2013.2.4




スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR