五海ゆうじ写真通信55

「高木恭造と小島一郎」

最近CDが売れなくなった。
そんな話をよく聞きますです、ハイ。
アメリカの販売業者は、
レコードにダウンロードチケットを入れ販売していて、
それがまたよう売れる、
なーんて事を申しているようです。
まぁ、それもこれもipod等の機器が音楽の聞き方を
変えてしまったからではないかと。
音楽がアルバム形式からシングル形式に
つまり昔の時代、レコードといえばシングル盤だった時代へ、
半分程度帰ったかもしれませんね。

それはおいておいてですね。
1981年に出されたアルバムで「まるめろ」なーんていうのがあります。
CDですよ!
津軽の詩人〈高木恭造〉の詩の朗読です。
詩の朗読のアルバムなんていうのを買ったのは
これが最初でおそらく最後。
私にとってそれだけよかった。
藤沢周平の言葉が端的に表しています。
「意味が半分もわからないのに血が凍って
 身動きできないほど感動した」
そういうアルバムです。
そしてジャケットに使われている写真が小島一郎の写真。
(おっとと、このアルバム企画したのは三上寛、
 目立たなく、それでいて強烈にギターで参加しています。)

そこでです。
9月7日の映画監督崔洋一とのセミナーです。
小島一郎も取り上げます。
S席は売り切れましたが、会場を広い所に変更したんで
普通席がまだ残っているんですね。
興味ある方はぜひ。
http://photo-advice.jp/saiyouichi.html

今井和雄さんの写真が「WIRE」掲載されました。
今井wire-6

「夢の足跡」浜名湖
浜名湖

2013/8/25
スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR