五海ゆうじ写真通信60

「写真展と出雲」

写真集出版、写真展、その後セミナー「街角スナップ」の用意と、
なんか慌ただしく動きまわっていましたが、ようやく一段落であります。
7日のセミナー自体はまだ残っていますが、
(セミナーは満席となったため募集は終わりました)
写真集、写真展の写真は35年前のものなんですね。
まだ私が駆け出しの頃、
プロの写真家を宣言したのはよいが、喰うあてもなくただひたすら写真を撮っていた。
そんな時代です。
でです、今回のセミナーの「街角スナップ」
どこの街角を歩こうか、あれやこれやと思案をめぐらして。
故郷の街を歩いてみようと、小学生の頃通学した道を歩いてみようと、
どんな写真が撮れるのだろうか、少々不安はありますが、そう決めたんですね。
と言う訳でまたまた時を遡ることにしたのであります。

ご多聞に洩れずかって賑わっていた街は閑散としていてほとんど人通りがない。
それでも歩いた。
半分は小さい頃の面影を求めて、半分は変貌した風景を求めて。
子供の頃から気になっていたちょっとシャレた洋館の写真館はまだ在った。
しかし商売はもうしていなく、建物はかなり傷みはじめている。
人は住んでいるのだろうか、
中が見たくて声をかけてみたら、なんと初老の男性が出て来た。
はじめはつっけんどんで取り付く島もなかったんですね、
それでも粘って話をしていたら、
同じ写真を生業とする者同士少しづつ打ち解けてきて
この写真館は大正時代にできたこと、
そして彼の親父さんが撮っていた古い写真等も見せてもらえることができた。
この写真がなかなか面白く貴重なものではありました。

仕事が終った後実家に寄ったんですね、
そしたら兄貴が古い写真を持ち出してきた。
その中の一枚に写真館で撮った古い記念写真があった。
死んだ母とおばぁちゃんと兄貴達3人が写されている。
一つ上の兄がまだ赤ん坊だから、
おそらく昭和18年前後だろう。
その頃写真館といえばその写真館しかなかっただろうから、
そこで撮った写真には違いない。

出雲の時を遡る旅の一コマではあります。

加藤写真館
出雲_016_2

加藤写真館ショーウインドー
出雲_318

母、おばあちゃん、兄3人
_DSC1250_2.jpg

音楽
Claudio Arrau Finalsessions 「Bach Partitas」
写真展会場ではほとんどバッハをかけていたのですが、
それを知った友人が持ってきてくれた一枚。
これはいい。
いろいろな意味で励まされますね。

2013.12.1

スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR