五海ゆうじ写真通信67

「Georges BrassensとBille Holiday」

ジョルジュ・ブラッサンス、
私が好きなシャンソン歌手の一人であります。
初めて聴いたのが、もう随分前15年あたり、
浦邊雅祥のコンサートでした。
彼の演奏が始まる前にかかっていたんですね。
それで、浦邊って何者じゃい、
まぁ、多くの方がそう思われるでしょう。。。
こんな演奏をしています。
http://www.youtube.com/watch?v=5j9KzcBQ_IE
私とのコラボレーション(地の記憶)もやっています。
(この「地の記憶」、DVDで再発売できないものか、
只今奔走しておるんですが、なかなか。。。)
なんだ、これは音楽か、。。。
そう言われば、何といいましょうか。。
そうですね、何回か彼にインタビューをしたことがあります。
その中で彼は繰り返し言っていますが、
「俺の演奏は歌だ」と、
そうなんですね、彼の音色の中にはまぎれもなく歌があります。
まぁ、私はそう感ずる、ということかもしれませんが。
そして浦邊はジョルジュ・ブラッサンス熱烈なファンであります。
なんせ、フランスにある墓にお参りまでしてきているんですね。

それで間章との関係でありますが、
間が愛した音楽家の一人に小杉武久がいます。
小杉さんは川仁宏と友人だった。
そして川仁さんの告別式では、
小杉さんが演奏したバイオリンのテープが流れていた。
そして川仁宏の「フラッシュバック」は浦邊雅祥が編集している。

そういう事なんです。

川仁さんの事は写真通信61で書いています。
http://itsumiyuji.blog65.fc2.com/page-1.html

で、ビリー・ホリディーは何なの、
それはですね、阿部薫の写真集「OUT TO LUNCH」は
「俺はドルフィーを父に、ビリー・ホリディーを母として生まれた」
から始まるんですね。
つまり阿部の音色の中にもまぎれもなく歌がある。
そして、阿部は間が愛した音楽家の一人だった。

写真はフェレンツェ2景
13firenze13.jpg

09firenze09.jpg

2014/4/19
スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR