五海ゆうじ写真通信75

「ボゴール植物園とキュー植物園」

言わずと知れた世界3大植物園のなかの二つであります。
ボゴール植物園は、オランダが植民地として統治していた時、
避暑地ボゴールに作ったものだそうです。
ボゴールは日本で言えば軽井沢というところでしょうか、
この植物園やたらと広い、とても一日で廻り切れない、
私は3日通いました。
まぁ、植物園の中をあちらこちらと花を探し、さ迷い歩くのですが、
なんですか、こう、森を抜けたところで突然墓に出くわしたりするんですね、
なんでこんなところに墓が。。
よく見ると、この地で死んでいったオランダ人達の墓なんですね。
古くなったその墓を見ていたら、なにか、シュンとしてしまった。
なんていう事もありながらでですよ、
あれ、此処には温室がないな、とふっと思ったんですね、
今まで行った植物園には何処にも立派な温室がつくられていた。
なんでか?考えれば当たり前の事ではありますが、
此処は熱帯、植物園そのものが温室だわな、ん、納得。
そんなかんでで撮影していたんですね、
そしたら立ち入り禁止の奥にですよ、
見たこともない奇妙な花があった。
そーと入り写真を撮っていたら、係員の人に追い出された。
が、そこはプロ、写真は撮った。
しかしです、撮ったはいいが、その花の名前がですよ、
日本に帰ってからいくら調べても分からなかったんですね、
結局は写真集「NATURE TALKS」を出版する時も、名前不明のまま載せた。
ところがです、
先日花のワークショップに参加された方(なんでもシダを研究されている)がですね、
それではと、調べてくださり、ようやく分かった
S.preussii、Strophantus preussii (キョウチクトウ科キンリュウカ属)
なんでも猛毒を持つ花らしい、どうりで立ち入り禁止区域に。
長年の胸のつかえがとれた。そんな感じでありました。

その花です。
135.jpg

洗い出しの作業も終り、その中の一枚
アリストロメリア
アリストロメリア

植物と花の写真集「NATURE TALKS」¥2,800
電子書籍ipad iphone用「FLOWERS OF ROMANCE」¥500

2014/9/11
スポンサーサイト
プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR