五海ゆうじ写真通信44

「仲間と絆」

ちょっと大上段で気恥ずかしいタイトルでありますが、
まぁ、あえてということで、

仲間、仲間といいましてもいろいろあります。
呑兵衛仲間、山仲間、釣り仲間、仕事仲間、自転車仲間、
音楽仲間、SM仲間に病気仲間、きりがありませんな、
そんなこんなで人と人は集い楽しみはたまた喧嘩をして、
ひっついたり離れたりと忙しく人生をですね、
過ごしている。

大上段に大風呂敷、これ私の悪い癖でして、
ついついやってしまう。
もう3年前になりますか、
写真通信で何回も書いていますが、
かっての仲間、JIM仲間ともいいます。
(五海ゆうじ、崔洋一(映画監督)、篠毅(写真家)、ヒロ・ヤマガタ(絵描き))
4人で世界をまたにかけた写真店→写真展をやろうではないかと、
企画書まで書きスタートをしたことはしたんですが、
なんといいましょうか、私のいい加減さといいましょうか、
半分立ち消え状態になっていたんですね。
それが友人の助けもあり、今年9月にヤマガタを日本に招ぶことができ、
なんか少し開けてきた。
「ヒロ・ヤマガタ写真を語る」なんていうセミナーも開催し、
(これ、ほんとおもしろい、シルクスクリーンで世界を席巻した
ヒロ・ヤマガタの現在の心境が写真を語ることで語られている。)
これ2013年1月フォトアドバイスより発売されます。
(アマゾンからでも購入できます。)
それこそ何十年ぶりかで4人が集まり飲めや歌えの大宴会、
その席でですね、どこでもいいから写真展をやってみようではないかと、
飲んだ元気で、飲んだ元気でですよ、でたんですね。
写真展をやるにしても、
その前にですね「JIM物語」の本を書いてみようかと、
秘かに執筆をスタートした。私がですよ。
ところがスタートしたのはいいがこれもまたとんでもない作業だ、
ということに気が付いて、これはいかん、
それでですこれも友人の編集者の助けを借りて、
四苦八苦、四転八倒、で作業を進めておりますです。ハイ。
はたして完成まで漕ぎ着けることができるか。。。。

「人の中へ、」渋谷八公前
東京都渋谷ハチ公前

「人の中へ」横浜駅西口
横浜駅西口3

音楽
Sex PISTOLS「My Way」
言わずと知れたシド・ビシャスの名唱、
年の暮れ、
私の気分そのものって感じですかね

2012/12/22

五海ゆうじ写真通信43

フランスと中国

社員食堂、
学食と同じく一昔前までは安くてあまりおいしくない、
そんなイメージではありましたが、
最近は、そんなことはない、
社員食堂は安くてうまいぞ、
うちにしかない料理だぞ、
安いは、少し外れてきていますが、
まぁ、そんな感じで雑誌にTVに取り上げられ、
話題になっているところが出て来ました。
その中の一つにロート製薬東京の社員食堂があります。
人の健康を考え薬膳料理を出していて、
これがなかなかおいしんですね。
その食堂の薬膳料理を監修しているのが、
「和快」を主宰している堀さんです。
堀さんとは、もう何年だろう、10年は過ぎているな、
仕事をさせていただいています。
最近は料理したものを撮影した後に食べるのが楽しく、
なんといいましょう、それが楽しみで撮影しているんでは
ないかと。。。
「和快」は薬膳料理の本「五季の薬膳」も出版されています。
これ写真は私が担当させていただいているのですよ。
http://www.ab.auone-net.jp/~itsumi/work/ad/yakuzen_big.html
「和快」の薬膳料理
yakuzen1.jpg

えー、次はフランス、フランス
イル・プルー・シュル・ラ・セーヌのフランス菓子。
ヴィクトリア 001_1

おいしいものはいい形をしている。
私はただそれを撮るだけです。

音楽
Zhu Xiao-Mei 「SCHUMANN」
友人が勧め貸してくれたCD
なんか不思議なピアノで
これはなんだろう、なんだろうと
いつのまにか繰り返し聴いている
自分に気がついた。
そんな女流ピアニストの音楽です。

2012.11.27

五海ゆうじ写真通信42

渋谷と東急ストア

渋谷に東急ストアがあった。
知る人は知ってて、知らない人は知らない、
渋谷近辺に住んでいる人にとっては、
生活のため重宝している場所だった。
かくいう私も渋谷には事務所を含め25年ばっかしは
お世話になったといいましょうか、
拠点を持っていた。
そのうちの10年近くは住居を構えていたんですね。
そういうわけで渋谷の東急ストアには、
キャベツとか味噌とか豆腐とか塩とか、
まぁ、生活必需品を買いによく行っていた。
で、東急ストアはどこに在ったかといいますと、
今のヒカリエ、もと東急文化会館の地下です。
そもそも何で渋谷だったのか、
それはですね、
私が25の時、渋谷の片隅に、
友達4人で共同の事務所を持った。
これは写真通信でも何回か書いていることなんですが、
それが始まりとえば始まりであります。
そういうわけで、とっとっとっ、
あまり関係ありませんが、
ヒカリエからみた渋谷駅2景。
東京渋谷駅

東京渋谷駅_2

地域の人達の肖像写真追加しました。
http://www.ab.auone-net.jp/~itsumi/sell/syouzou_big.html
450.jpg

音楽
NEW QUINTETTE DU [HOT CLUB DE FRANCE]
フランスジャズの一枚、
エールフランスの飛行機に乗ると、
こんな軽めのジャズがよくながれていた。
ジャンゴ ラインハルトの息子も参加しています。

2012/11/6

五海ゆうじ写真通信41

若松孝二と新藤兼人

この2人の監督
映画の作風、内容ともにまったく違いますが、
困難な状況の中で、つまり独立プロの中で
映画を作り続けてきた。
といったところでは何か似たものを感じます。
思えば中学時代、
学校の講堂で授業の一環だと思いますが
新藤兼人の「裸の島」が上映された。
田舎でほとんど映画に接しない中学生にとって、
この映画はあまりにも奇異な映画だった。
セリフがまったく出てこない。
「なんだよー、映写機が故障してんじゃねーか、
なんとかしろよなぁー」私もまわりの不良学生も
なんだかんだと騒ぎだした。
そしたら上映していた映写技師がとんできて、
小さな声で、怒りをふくめ
「これは、こんな映画なんだよ、静かに見ろ!」
今から考えれば、この映写技師、
ほんとうに映画が好きだったんだな、そう思う。
その映写技師と一緒に、
この映画が私の映画の始まりかもしれない。

崔さん(映画監督)の事務所で
「若ちゃんが昨夜自動車事故にあったんだってよ、
どうも重傷らしい。」その第一報を聞いた。
その3日後だったかテレビで訃報を聞いた。
阿部薫写真集のことで
7月、久しぶりに若松さんに連絡をとった。
その返信が最後のメッセージとなった。
「お~、元気だよ~、昔は俺も痩せてたな。。。
出来上がったら1冊送ってくれ~」

若ちゃんとの仕事

映画「水のないプール」
04.jpg

若松孝二エッセイ集「俺は手を汚す」より
_DSC0367_2.jpg


阿部薫と
32阿部薫ネガ 290


good by wakatyan

音楽
もっとも好きな映画の一本
「ベニスに死す」で使われていた
マーラー交響曲5番アダージョ
http://www.youtube.com/watch?v=ov1xwCQULSY

2012.10.25

五海ゆうじ写真通信40

ギャラリーと継続

売れもしない、金にもならない写真を撮り続けてきた。
カメラ雑誌にも名だたる写真サロンにも外され続け、
それでもこつこつ写真を撮り続けてきた。

と、まぁ、書けば悲劇の涙の写真家か?

私に限って、そんなことはありません、
けっこう、気楽に、いい加減に、楽しく、
カメラを酒に換えたりしながら
写真を撮ってきたんですね。
ただですよ、
どういうわけか写真の中央には受け入れられてこなかった。
(なんせこの年になっても、
世の写真雑誌といわれるものにですね、
掲載されたことがない。)
写真の中央にいる人達に才能がないのか、
はたまた自分に才能がないのか、
自分に才能がないはずはない、
自分でいうのもなんですが、
そう思い込んでいるフシはあります。。。。
まぁ、僻地で写真館を営業している、というところでしょうか

ところが今の時代、とりあえずであろうとも、
ネットの世界で写真を発信することができる、
といわけでですね、
今進行している作品を二つHPのGalleryにアップしました。
http://www.ab.auone-net.jp/~itsumi/gallery/gallrey_index.html

「夢の足跡」最近の写真を含め構成をし直ししました。
枝幸-浜頓別 オホーツク海沿いの廃屋
オホーツク海沿いの廃屋

自分の身の回りある安っぽい日本的なるもの、
これもまた私の愛する日本ではありますが、
「JAPAN SKY 2」
04kamifuusen2 005
紙風船

音楽
ERIC DOLPHY IN EUROPE VOL1
いわずとしれたバスクラリネットのソロ、
もう、なんもいいません。

2012.10.3


プロフィール

iikonodon

Author:iikonodon
広告写真を撮りながら、花と植物、街と人、の写真を撮る作業を続けています。
2011年より電子書籍の出版を開始しました。

※当ブログ内の写真、テキスト等の
無断借用、転載などは固くお断りいたします。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR